忘備録 映画漫画等

マッチョが出てるものを重点的に。クソみたいなネタバレあり。

HiGH&LOW THE MOVIE 3 finalmission 観ました

テレビシリーズを一回も観ていないHiGH&LOW THE MOVIEシリーズを追いかけ続けて、ファイナルミッション!

3作目です!!

 [ ]

前回で、なんかよく分からんけど、斎藤工の命と引き換えに、ヤバイデータを世界に発表して、スラム街の再開発を食い止め、再開発に金を出していたヤクザと政府関係者に喧嘩売っていたのですが、ついにヤクザが、本気で攻めて来ます。

店を買い取ったり、店を荒らしたり、高校を壊したり…

そんな中、警察の西郷が急に「スラム街には謎のウイルスのワクチン工場跡があり、今でも汚染されている。その証拠を掴んで、今度こそスラムの開発を食い止めるんだ!」とか言い出して、バイオハザードの、ゾンビがヤクザなったパターンかな?ってなりました。

ヤクザに雇われたならず者の集まり、マイティウォーリアーズが、そんな西郷を監視し、「裏切り者発見!」

スラム街のルードボーイズのリーダーが、死にそうになってる理由は、スラム街の汚染が原因だったのね…

ヤクザは、政府と手を組み、スラム街をワクチン工場跡地と共に爆破し、一大カジノ計画を実行しようとします。

ルードボーイズのリーダーが、命を賭けて戦い、その遺志を引き継いだメンバーが爆破前の工場跡地から、ワクチンに関する有害性をまとめた書類を盗み出し、世界に公表!

スラム街は守られてエンディングを迎えました!

西郷が元気よく警察だー!って言い出したけど、マイティーウォーリアーズとのくだり、なんだったの??

 もう、無いよね?もう終わりだよね?と探り探りでエンドロールを観ていたら、

急にパソコンの画面に切り替わり、

『はーい!エブリワン!

乗っ取り計画始めました!』

 

はぁ!?もうええて!!!

 

って思ったら、映画ではなくスピンオフのDVDのCMでした。

まぁ、もうそこまで追いかけないけどな!!!

 

音楽とアクションの融合、最高に面白い映画シリーズでした。

 

俳優の名前は全く覚えられなかったよ…_:(´ཀ`」 ∠):

ジャスティスリーグ 観た!

えぇ!?諦め早いな…

 

前作は、バットマンVSスーパーマンって事になるのかな?

前作観たと思うんですが、全然記憶に残っておらず…

いきなり、スーパーマンが死んで世界が沈んでいる所から始まります。

そこに侵略者(ステッペンウルフ)が来ます…なんか、過去にも来てて、その時3つの箱を1つにしたエンジンみたいな物を持って来ます。これが、世界を滅ぼすパワーを発揮するらしいです。

人間と、アマゾネス(ワンダーウーマンの一族)とアトランティス(アクアマンの一族)が力を合わせて、敵(ステッペンウルフ)を倒し、箱を3つに分解しそれぞれで管理していました。

人間は信頼性が低かったので、人間の箱は知らぬ間にこっそり埋められていたのですが、現代人が掘り起こし、チェンジエンジンと呼び、それを利用してサイボーグを作り出します。

 さて、現代のステッペンウルフは、すぐにアトランティスとアマゾネスの箱を手に入れます。

あとは人間の箱や!!

その時、終末来ちゃう!!と焦ったバットマンがはみ出し者のヒーローをスカウト!ワンダーウーマンは、最初からメンバー入りしていました。フラッシュは、スピードフォースという、超早く移動できる能力。ちょっとコミュ障。

アクアマンはお魚と喋る能力。サイボーグは、ネットに接続して知識を増やしていけるサイボーグです。

ってか、サイボーグが最後の箱持ってたわ!!

 もう、箱でスーパーマンを生き返らせないと、無理じゃね?って事で、スーパーマンの宇宙船に死体を運び込んで、箱とフラッシュの電気ショックで生き返らせます。

この辺の諦めの早さすごい!バットマンも、うーん…やっちゃう?ぐらいの決断!

そして、生き返ったショックでスーパーマン暴走!!

その隙にステッペンウルフが、箱を強奪。

え?最悪じゃね?ってなって、スーパーマンの彼女ロイスレーンが、バットマンの手引きで到着!!

スーパーマンが、彼女への愛で目を覚まします。

さぁ、地球のためにみんなで力を合わせるぞ!!

 

あとは、ステッペンウルフがボッコボコにされる、スペクタクルヒーローアクションストーリーでした。

良かった…本当に…良かった…

 

ただ、グリーンランタン…

グリーンランタンに会いたい…

 

次回作ではグリーンランタンの、「あんたどんな能力があるの?え?無い?ただのコウモリコスプレ野郎か?ふざけんじゃねぇぞ!」 のシーンが見たいです…

ワンダーウーマン 感想

暗い!!!!

結局誰も助からないんかい!ってなるDCコミックスっぽさがすごい!

敵のドイツ人マッドサイエンティストの女の人にも、顔の傷とか過去がありそうなのを匂わせつつ、特に触れられず…

敵役が、どうしてこんな道を歩んでしまったのか描写が無い!

じゃあ、顔の傷いる?!

美人のダイアナと、ブサイクなマッドサイエンティストを対比させるなら、ブサイクで心が歪んでしまった描写欲しいな…

 

あと、戦地にいっしょに行く仲間たちのトラウマ描写もするなら、どんな事があったか語ってほしいし、最終トラウマも乗り越えて欲しい…

ストレス発散させて欲しい…

 

なんか気がついたら爆発してた気がする…

敵の本当の正体にはビックリさせられました(`・∀・´)

まじか…

 

最後はジャスティスリーグに続くよって感じで終わってます。

 

スイスアーミーマン 感想!

意味わからん!!!意味わからんすぎて好き!!!

ダニエルラドクリフの無駄遣いだった。

 

人生何も上手くいかない主人公が、全てから逃げ出し、そこで出会った水死体のパワーを駆使して(まるで十徳ナイフ(スイスアーミー)のように…)自宅に戻るお話です。

水を吐き出したり、喋ったり、下品な方法で道を示したり、火をつけたり、オナラのジェット水流で海を渡ったり…

全てから逃げて、水死体との疑似恋愛、美しい映像で綴られる水死体との甘い生活と、現実のギャップで泣いた…

ほんま、、泣ける…

ぱっと見の印象、バカなお下品B級映画なのですが、生きにくさを感じている人間のとんでもない逃避行という見方をすると、涙が出ました。

一緒に行った人は、水死体と主人公が入れ替わるサイコスリラーだと思っていたらしいです。

映画は観る人によって、全然違って面白いです。

 

YouTubeの、予告です。

これだけでも、意味不明さと美しさが伝わって来て、切なくなります…

 

 

 

HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY観た

俺たち、何と戦ってるんすかね?

 

最初にナレーションと映像であらすじを説明してくれる親切設計。

しかし、その説明にパワーワードが連発され過ぎていて意味がわからん。

カラーギャングの地区対抗を、最高の音楽とアクションで撮った、最高のエグザエル系PVです!

 

今回はプリズンブレイク要素もぶっ込んで来ていたので、新キャラが続々追加され、「おいおい!見ない顔だらけじゃねぇか、自己紹介してくれよ。」状態でした。(新キャラが山ほど追加された時、グループに1人はこう言って説明を促してくれるキャラが居る。こう言うところは親切)

 

メンディー=クッキングパパ、メーン?、プリズンメイト、急なヒップホップの乱入。東京トライブかと思ったわ!!

いつ、全裸の鈴木隆行やら、竹内力がマイクバトルで乱入して来て、メーン?ってなるかと思ったわ!!

そして、2時間近く喧嘩を観た後、味方の男の子の「俺たち、何と戦ってるんすかね?」というパワーワードに全スクリーンの前で大きく頷いた人は多いよね!

何?何と戦ってるの?2時間、全話通して何と戦ってるの?

 

あと、九龍会(ラスボスっぽい9つあるヤクザグループ)の新たな龍として頑張りますって前回抱負を語ってくれた、リュウ君が、今回ほぼ何もせず終わった!!

前回の、伏線っぽい感じのリュウ君どうなったの!!

 

あと、ホワイトラスカルズ(スカウト)のゴールデンボンバーは、バンドしたいって言う理由でグループから追い出されるチョイ役出てました。

ダルビッシュと喜屋武さんとか、声がバカ過ぎる2人やん!!と友達が言うていて、なんでチョイスしてん!!ってなりました。

 

さぁ、次のHigh&lowは11月!!

九龍会のヤクザに喧嘩を売った主人公の行方は!?

新たな龍として頑張るって言うてたリュウは?

九龍会は、九人グループリーダーがいて、1人が死ぬと次の人がリーダーになる設定なのですが、これゲームとかで良くある、九人一気に倒さなあかんやつ?

 勇者ヨシヒコみたいなやつやん?

 

大好き!!次回も絶対スクリーンで観ます!!!

 

f:id:kpen:20170901082050j:image

 f:id:kpen:20170901082240j:image

 f:id:kpen:20170901082059j:image

映画鑑賞で貰える、フォトブックから溢れるバイタリティ!!

 

 

怪盗グルーとミニオン大脱走 観た

イルミネーション!キィー!!

 

怪盗グルーの新作怪盗グルーとミニオン大脱走を観ました。

 

何故か今回めちゃめちゃ細かいアンケートをやらされました…)^o^(

 

ミニオンとマッチョに甘いので甘々な回答をしておきました。

次回作につながると良いな٩( ᐛ )و

 

グルーは3人の娘達と奥さんのルーシーに囲まれて、幸せな生活を送っていました。

グルーは悪党を辞め、家族のために反悪党同盟で捜査員として働いていますが、

80年代から抜け出せない、元子役の悪党、バルタザール・ブラットを取り逃がしたと上司に責められ、捜査員をクビになってしまいます。

時代遅れの肩パット衣装で現れ、自分を干したハリウッドへ復讐する為、盗みを働くバルタザール!

仕事をクビになり、プライドを失ったグルーに対し、グルー大好きミニオンのメルが、喜びながらグルーに、悪党に戻る事を勧めます!!

ミニオン達はは偉大な悪党の部下になる事が夢なのです。

しかし、グルーは娘達のためにも、悪党に戻る気は無い!とメルに言います。

メルは仲間のミニオン達を連れて家出をしてしまいます。たまたまハワイアンダンスを踊って居た2匹のデイブとジェリーを置いて…

ミニオン達は、勝手に迷い込んだ、音楽スカウト番組で、「私は現代の陸軍将校の鑑だ!」と言う曲を熱唱!!

そのまま不法侵入で刑務所に入れられてしまいます。

そんなグルーの家に、双子の兄弟ドルーの執事がやって来ます。あなたの双子の兄弟が会いたがって居ます…と。

ドルーは養豚場で成功したセレブ!しかも、グルーと性格も正反対のパーティーピーポーでした。

しかし、偉大な悪党である父親に、悪党の才能が無いと言われ、無能として扱われます。

 そのコンプレックスを解消する為に、2人で世界最高の悪党になろうと誘います。

グルーは真っ当な人間でありたい気持ちと、ドルーを利用し、バルタザールを捕まえ、もう一度反悪党同盟で捜査員として復職したいと言う気持ちの間で揺れ動きます。

グルーの奥さんであるルーシーも、良いママになりたい気持ちが空回りしてしまいます。

家族(ミニオン達)はバラバラになってしまうのか…

 

さぁ、ココからやっとストーリーと1ミリも関わり合いが無かった、ミニオン達がタイトル通り、刑務所から脱獄します。

正直ミニオンはストーリーに絡みません…(´;ω;`)

毎度のことながら、大々的にタイトルにミニオンが入ってますが、本当の題名は「Despicable Me 3(見下げ果てた私3)」なので、ミニオンの脱走は関係ありません。

日本でミニオンが人気なのと、日本人に馴染みが無い言葉なので、日本名の題名の方が分かりやすくて好きです。

 

その後、刑務所を牛耳っていたミニオン達ですが、メルは何かが物足りないと思いはじめます…

 

転けて泣いていたメルの足にそっと包帯を巻いてあげたのはグルーでした。

紙飛行機が上手く飛ばせなくて泣いていたメルに、よく飛ぶ紙飛行機を作ってあげたのもグルーでした。

釣りをしている時に、釣竿を落としてしまったメルに、自分の釣竿を渡してあげたのもグルーでした。

 

そう!偉大なボスに仕えることがミニオンの本当の夢なのです。

メルはグルーの元に帰る決心をします!!

 

さぁ、ミニオン大脱走だ!!!!

 

 

ミニオンが可愛い!

ミニオンが最高に可愛い!!

もう、ストーリの雑な感じとか、途中で消えるキャラクター(ツーリストミニオンのデイブとジェリーがしれっと出てこなくなります。その後急に出て来ます。)とか居るけど、そんなことどうでも良い!

ミニオンのおケツがモチモチしてて、堪らんかった…もうそれだけで良い。

グルーとメルの思い出シーンに号泣してしまいました…(´;ω;`)

ぷれぴにゅー!!!

銀魂観た!

宇宙一バカな侍だコノヤロー!!

 

剛くんと、福田雄一監督が好きすぎて観に行ってきました٩( ᐛ )و

福田監督は、あの低予算深夜ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの監督で、メンバーもほぼほぼいつものメンバーでした。

ムロツヨシさんと、佐藤二朗さんと、山田孝之…最高かよ!!!

 原作は、江戸の町に宇宙人が来て、宇宙人と侍が戦ったりするギャグ漫画です。

 

主役の小栗旬が演じる、坂田銀時

なんか好き!あの鼻水スライダーも好き!

新八役の菅田将暉くんがめちゃめちゃ可愛かった…仮面ライダーWの時より、可愛くなってた…オッケーフィリップ!

 

銀魂の漫画上より、実写になる事で面白くなっているシーンが結構有り、ただただ、声の大きい刀鍛冶役の安田顕さんがクソ面白かったです。

 

いい感じにアレしない感じで、著作権ギリギリのギャグを入れて来てくれます。

本当にギリギリ!ギリギリアウトかな?

 

そして、近藤勲役の中村勘九郎の○○○が拝めます!

あれが拝めるのは銀魂だけ!!

 

全裸の勘九郎の前で演技していた、なぎらゆうやが3回目NGを出したとき、監督も「なぎらー!」と呼び捨てでキレたらしいのですが、逆になぎらゆうやから、「目の前に○○○が有るのに、演技できないでしょうが!」とキレられたらしいです。

肝心の、中村勘九郎側の事務所は、全裸NGだったらしいのですが、反対を押し切って演じ切ったらしいです。

が…、中村勘九郎から、当日緊張しすぎて縮こまっちゃってたから、適当にCGで○○○足しといてくれと頼まれたらしいです。

それなら、最初からフルCGでやれや!!

なぎら君が完全に被害者…

 

劇場版のポスターと、ウェブ上のポスターだと、画像が違うので、間違い探ししてみてください。

f:id:kpen:20170729001939j:image

 

剛さんのツルツルの生脚を、はだけた着物の裾から拝めるのは、銀魂だけ!!